column

sabbygenteelからのニュース
そしてオーナーサチさんの プライベート満載のコラムです。

ヴェトナム編

 12月、とくさん(ダンナ)が帰って来てアジアに行きたいと云う。 彼の日本滞在が、約3週間。 大好きなバリは 雨期。 じゃあ、タイにしようか?ヴェトナムにしようか?と2人で迷ったあげく 今回は 初めてのヴェトナムに::: ヴェトナム” なぜか行きそびれてしまった場所、行こう!と思った時に ヴェトナムヴームになってしまい、ひねくれ者の私は避けてしまった所。 でも、どこにしても初めての場所は 心が弾む。

 4泊の短い旅なので、ホーチミンにするか、ハノイにするか?とまた迷い、 ヴェトナムの本を出した ひでこさん(こぐれひでこ)に聞く事にした。 「さっちゃんが 好きな街並みは ハノイかな~?」という一言で ハノイに決定。

 ホテルは ハノイでも古い格式のあるホテルの『Sofitel Metropole』を チョイスし、ヴェトナム航空に乗り込んだ。 機内の食事は1回で、ハノイに到着!思ったより近いよ!

 ホテルは、フランス領だった事もあり、全体の感じがヨーロッパ風、 なんだか憂いを含んだ場所で なかなかステキです。 部屋も、アメリカ系ではないので 小さめですが オリエンタル風で ヴェトナム風の刺繍のガウンが着いていたりして、なかなか素敵です!

 今は、12月で、ヴェトナムでは一応冬にならしいけれども 日本の春 くらいの気候かな~? でも、プールではさすがに泳げない、南のホーチミンのほうはもっと暖かくて 夏だったみたい!  夏好きの2人は、少し残念!

 そして、着いた日の夜、 ちょうどハノイに仕事に来ていた友人と 3人で街中の焼き鳥屋に行き、 その後、夜の旧市街を少し案内してもらった! 明日は 旧市街をとくさんと ぶらぶらしてみよう!

 ヴェトナムの朝、ホテルでゆっくりと朝食をとり、二人でぶらぶらと 「旧市街」へ。 二人の想像では 街ではアオザイを着たおばさん達が カゴや自転車に 乗ってると思っていたけれど、残念だけど、これはもう昔の話の様だ。 まず、ホテルを出てびっくりしたのが バイクの量、これはすごいよ~! 言葉では言い表せない位のバイク、そのあいだをぬって道を横断しなければ ならない。これは渡る時にとまってはダメ!バイクのほうが避けてくれる。 しかもバイクには 一人で乗っていない、なかには4人で乗っていたりする。 そして後ろの席の人は 何でも持って乗ってる、ベットマットでさえも 持って乗ってる。びっくり!口あんぐりの世界!

 バイクの量のせいか 町中はスゴい埃、みんな生地のマスクをしてバイクに 乗っている。私達も このマスクを買ってしまった。 旧市街は 市場もあり、シルク街、文房具、サンダル街という様に ブロックで 分けられていて、ごちゃごちゃしていて楽しい。 同じものも、店によって値段が違うし、オリジナルを作って置いてる かわいいシルク屋もある。漆もラッカーの漆でなかなかかわいい花瓶も 見つけた。このごちゃごちゃの中から自分の好きな物を探す!これが また楽しいもの!

 なかでも、セントラルチャーチの教会のあたりは なぜか バイクも少なくて  植民地っぽい 雰囲気が漂っていて、フランス人の人達がおおく シャレたお店や レストランがあるエリアのようだ。 どうやら、 早々と お気に入りのエリアを見つけてしまったみたい! ここにいる間、この場所には 何度か来てしまいそう! せっかくヴェトナムに来たのだから観光もしよう!と 一日で 行って帰ってくる、ハロン湾に 行く事にした! 朝、8時にホテルを出て、4時間かかってハロンベイに到着。 何百隻も 舟があり、そのすべてが観光のための舟。 わたしたちも、舟を一隻チャーターし、イスラエルから来た、女の人2名 と一緒に、ハロンベイを一周する事に。 その日は 少し霧が出て、よりいっそう幻想的な感じ! ぽつんと 残ってしまったような岩があったりして、 まるで、カトリーヌ ドヌーブの映画、「インドシナ」の様!

 そして、ランチは 船上で暮らしている人達から魚を買い、船上でお料理して 食べる。(これはなかなかいけてた!) ホテルに着いたのは、夜。 疲れた~~” 「ルームサービスでもいいかっ!」「お風呂に浸かってゆっくりしよう!」 という、一日の終わり。

 またまたゆったりとした朝を ホテルのカフェでとりながら、 元気を取り戻した私達は、今日は ドンスアン市場に行ってみよう! ホテルからは 少しあるけれど、湖のほとりを散歩しながら行く事にした。 依然として、バイクの多いところだけれど、湖のほとりを歩くと 少しは 感じない。そしたら 『いた』アオザイを着た ヴェトナムっぽいおばあさん が: さっそく、盗み撮り、良い感じじゃない!この人! 市場に行く途中、街で売ってるちまき(食べ物)や、 アオザイを着てないけれど、ヴェトナムの三角帽をかぶって 何でも売ってる人達の写真を撮って行く。本当に何でも売ってる” でも、この人たちだけでも アオザイを着ていてほしかったな~。

 市場は本当に何でもあって、とくさんは もういい!とめげる始末。 お土産も しこたま買い込んだ私は、満足!でも ここ、ヴェトナムは 買い物の街、男にはツライかもね! ホテルのプールサイドでゆっくりしようということで意見が一致し 夕暮れ時を プールサイドでゆっくりタイム。

 夜は私が乗りたかった、人力車に乗ってレストランに行き、食事をして 外に出ると、 ずっといたんだ! 同じ人力車の人が 待ってるよ~。 夜のとばりを ホテルまで遠回りしてもらい、人力車の夜を楽しんだ。 これは、なかなかオススメですが、いつまであるのかな~? 少し疲れ気味のとくさんが マッサージは無いかな~?と言い出し、 えっ~ ここはタイではないからベトナムでマッサージって聞いた事ないよ! と云いながら、航空会社のパンフレットや ホテルのパンフレットを見て 『ZEN』というとくさんがマルタでやってるお店と同じ所を見つけ、 この店は良さそう!という私の勘で予約を入れてみた。 夕方、タクシーでそこにいったら、予感的中! 入口から、良い感じの隠れ家風の一軒家。 う~ん!ここあたりかも!なかなかオシャレ! 二人で、2時間のコースをチョイスして、薔薇のお風呂にも入り、究極! 最後には おいしい『フェ』も出してくれて、お腹も満足。 この場所、ぜひ ヴェトナムの雑踏の疲れをとりに行くべきかも!

 とうとう最後の日、お気に入りの教会のあたりでランチをし、 ふらっと入ったお店が 骨董の宝庫だった! 最後だというのに、また買い物してしまったよ” でも、今度がいつになるかわからないから 思い残しがないのが一番。

 ハノイ発が夜中の便だったので、ホテルで食事を取ってなかった私達は  最後は まだ、仕事でヴェトナムにいる友人も誘って、 ホテルの  ヴェトナム料理を食べてから、飛行機に乗る事にした。 さすが、ホテルのヴェトナム料理!出し方も、味も Good! 最後まで 楽しませて頂いた、ヴェトナムでした! でも、ここは体を、休める所では ありませんでした! (笑)

ヴェトナム編

ヴェトナム編

ヴェトナム編

ヴェトナム編

ヴェトナム編

ヴェトナム編

ヴェトナム編

ヴェトナム編

ヴェトナム編

 

ヴェトナム編

 

 

ヴェトナム編