column

sabbygenteelからのニュース
そしてオーナーサチさんの プライベート満載のコラムです。

マルタ日記1 編

ダンナが マルタ島に住んでから、5年がたってしまった。
マルタに、2度目に 訪れた時 、マルタ島をコラムで 紹介しようと デジカメで
たくさんの写真を撮ったのだけど、残念な事に、近くのシシリー島に行った時に
カメラやパスポート等、全てを 盗まれてしまい、せっかく撮った写真も
オジャン!
と、言う事で、今回は ちゃんと撮って 、紹介しようと思います!

去年は 骨を折ったりして、行けなかったマルタ島。
2年ぶりに 空港に着くと、”雨”えっ~ そんな事!困る~!
そんな訳で、何十年かぶりに、年がいもなく てるてる坊主なんか作ってしまった!

思いが通じたのか、次の日から、 『晴れ!晴れ! 』 やった!という感じ。
ダンナの住んでいるアパートからは、、朝コーヒーを 飲みながら  
地中海が見える。    これは、贅沢な瞬間。

マルタ島は 世界遺産になっている区域もあり、ヨーロッパのリゾート地
のひとつとなっていて ドイツ、フランス、イタリア等からの観光客が多い。
映画の『トロイ』等の撮影にも使われた場所です!
近くには、コミノ島とゴゾ島という2つの島があり、なかでもゴゾ島は 古い村で
ダンナと私のお気に入りの島。

今回、ダンナが ゴゾ島に  マルタ風のお家を借りてくれたので、
さっそく、出発する事になった。とっても、楽しみ!
フェリー乗り場まで、約40分位? そして、船がくるまで20分待って フェリーで20分
やっとゴゾ島に到着!
地元の不動産屋と待ち合わせし、お家に案内してもらう。
こじんまりとした可愛いお家。プールもある。
2人で村に出かけ、ぶらぶら、アクセサリー屋で、古い指輪を見つけたり、
村の中をウロウロしたり、玄関先の表札が すごくかわいい。
表札は、マリア像が多いのだけど、それぞれのお家で違っていて、
この石の建物とマッチしていて  つい、沢山、写真を撮ってしまった。

夕方は、2人の好きな 夕日のおちる   シュレンティという  海辺に行って夕食を。
この季節は 夜になると冷え込み、始めは外で食事をとっていた私達だけど
とても寒くなってきて、結局 中に変えてもらってしまった!      残念!

次の日は ゆっくりと本を読んだり   プールで泳いだりして マルタ気分、満喫。
帰る時間まで、のんびりと、ゴゾ島の休日を楽しんだ私でした。

マルタ島という所は、朝9時~12時  夕方4時~7時までしかお店が 開いてない。
その間はシエスタタイムとなってしまう。
ゆっくり出来るけれど、観光客にとっては 困った?島かもね。

マルタ日記1 編

マルタ日記1 編