column

sabbygenteelからのニュース
そしてオーナーサチさんの プライベート満載のコラムです。

旅日記 モロッコ 買い物編

大きな写真とコメントはこちら >
各写真をクリックしてもご覧頂けます。

旅に出て 楽しい事のひとつは やはり、買い物!この時ばかりは 女に生まれて良かった~と感じるね!

そんな 買い物心を モロッコは充分満たしてくれる街。パリやロンドンと違い、都会ではないから 異国に旅してるという気分になるし、街全体が ショッピング気分だから、楽しめる事うけあい!

モロッコの市場(モスク)は 迷路の様になっていて 一度はいると迷いそう、まず迷う。そんな中に 色とりどりの布やカゴやバブーシュ等が 『これでもか』という感じに並んでる。その量は、あの中から、自分が好きなのを捜す方が 大変なくらい!
値段も お店によって、同じ物でも 全然違うから すぐに買うと失敗するかも。
ちゃんと、1日目は リサーチして”  とは云っても、迷路だから、その場所に戻ってくるのが自信ないひとは 買った方がいいけれど・・・・

まず、モスクの 雰囲気に慣れる為、前にあるカフェでミントティーを飲んで そして いざ行動に移す事を おすすめします。
なにしろ、穴ぐらにはいる感じなので・・・

中にはいると 色々な布や 雑貨達が 貴女をむかえてくれる。それは モロッコ独特の香り、他にはあまりない異国情緒かも!

でももちろん、モスクだけじゃなくいろんな場所で・・・道ばたでさえ楽しいものが溢れているので、ぷらぷらと散策してみるとgood!!

いろいろなホテルでミントティーを飲むと、「アラジンの魔法のランプ」に出てくる様なポットとシルバーのカバーのコップが出て来て これが又かわいい!我が家にも、ぜひひとつと思い、目的をもって探索してみる。まず、モスクの外で 埃まみれの中からかわいい 1人用のポツトをちいさなお店で見つけた。

でもシルバーのカバーのついたコップはなかなか無い。半ば、あきらめて 夫とモスクの中のまたさらに中に・・・・『あった!』
ガラスにシルバーのカバーのコップや 手書きのビン、ふた付きの入れ物などを作っている工房にぶちあたった。ラッキー!思いが通じた!あれもこれもと、お店用にさっそく買い込んだ。

バブーシュはモロッコにいる間、ホテルで履くのを夫と買って、パリの友達にもおみやげに買い求めた。お店用は日本でたくさん安いのがでているので やめておく。でも、本当に迷うくらい色々なのがあるのにはビックリ!こんな時、日本て、どんな物でも、なんでもあるんだな~と実感する。(ちょっと淋しいかも)

モスクの外をウロウロしてたら、アバカの素材で編んだ バブーシュ風サンダルを作っているお店があり、入って、作っている男の子と話してたら、仲良しに・・・こんなの!こんなの!と絵を書いたら、作ってくれるというので 12足お願いして、3日後に 取りに来る事になってしまった。

1月に行ったので、モロッコも冬、日陰に入ると肌寒い。 モスクでシルクのストールを購入し 首に巻き付けて 自分勝手なモロッコスタイル。きれいな色の組み合わせで、シルクなので、肌にもやさしく ゴージャス。何枚か お店用に 選んでいたら、すごく大きいのを見つけ、ベットカバーになるサイズ。最高!うれしくなって またお店用に仕入れてしまった。

こんな感じで毎日、荷物をたくさん持って帰るものだからホテルの人に何をしているのか?質問されてしまい、日本でお店を やっているのだと云ったら 現地のホテルの人達の行く卸し元を紹介してくれた。行ってみると、お店ではない倉庫みたいな所で大きな木の扉をノックするとカギをあけてくれた。中に入ると、品物が山の様に積み上げられ、『すごい!』の絶句。買いたい物は たくさんあるけれど、お店はひとつ。悩んだあげく、シンプルな柄のラグを 15枚位選び、他のも色々買い込んだ。

私の場合、どこにいっても こんな具合で バカンスのつもりが 仕事になってしまう。その時に買い付けた品物も お店に出したら 売れてしまい今は 残るは ラグ3枚。
これからは お店もないのに こんな調子で買い込んだら大変!でもきっと、長年の癖は なかなかとれないし、私じゃなくなるかも・・・まっ!いいか!

私のモロッコの旅編でした。 また行きたい!

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >

大きな写真とコメント >